つくたろうのブログ

ポケモン色違い厳選や国立大学巡りが好きな大学生、つくたろうの気ままな雑記帳です。

最近読まれている記事

【ダイパリメイク】マナフィの青タマゴの孵化歩数は何歩?

www.tsukutarou.net
www.tsukutarou.net

こんにちは、つくたろうです。

先日ダイパリメイクこと「ブリリアントダイヤモンド」「シャイニングパール」が発売されましたが、皆さん楽しんでいる真っ最中かと思います。

今回はそんなダイパリメイクの早期購入特典でもらえる「マナフィのタマゴ」について、つぶやきも交えた記事になります。

というか僕のつぶやきが9割です。この記事を書くに至った経緯などを徹底解説()しているので、時間がある方ははじめから読んでくれればと思います。

ちなみに下の目次でそれぞれの項目にジャンプできるので、お急ぎの方は欲しい情報にダイレクトで飛んでください。

www.tsukutarou.net

はじめに

ポケモンBDSP発売により僕のブログにも様々な影響がありましたが、1つ面白い変化がありました。

それは「イッシュ地方の孵化歩数一覧の閲覧数が急に伸びた」ことです。

こちら↓の記事ですね。2020年の5月に書いて以来一度も触れていないに等しいと言ってもいい記事です。
www.tsukutarou.net

この記事のアクセス数がダイパリメイク発売後に急激に伸びたんです。

シンオウ地方なら分かりますが、イッシュ地方ですよ。

そうなんです、「ダイパリメイクに出現するポケモンは1匹も載っていないサイトがなぜか急激に読まれはじめる」というかなり不可解な現象が起きていたんです。

もしかして今回発売されたのって、ダイパリメイクじゃなくてBWリメイクだったんでしょうか。

そんなわけないですよね。

しかもこの記事に関しては1年以上Twitterで流したりもしていないので、Google検索からのアクセスが集中したということになります。

ダイパリメイクが発売されたのに、わざわざイッシュ地方のポケモンの孵化歩数一覧を検索するでしょうか?

ダイパリメイク発売後のGoogle検索には一体何があるのか?

その謎を解明するため、我々調査隊はアマゾンの奥地へと向かった――。

「マナフィのタマゴ 歩数」で検索上位に出ていた

仰々しい前置きをしましたが、理由は単純でした。

「Googleで『マナフィのタマゴ 歩数』と検索すると、『イッシュ地方の孵化歩数一覧』が検索上位に表示されていた」んです。

この記事が読まれている頃にはダイパリメイクに関する記事をカスみたいな攻略情報ばかり書いているゴミのような企業ブログ様がたくさん解き放った後でしょうから現在も検索上位に来るかどうかは分かりませんが、11月20日の午前中ぐらいまでは上から5番目以内に表示されていました。

ぶっちゃけなぜ表示されているかはGoogleさんの検索表示アルゴリズム次第なので僕にも分かりませんが、関連記事の中にある「マナフィ」という単語なんかが影響しているのかな?なんて考えています。

ただ、僕は思いました。

「ちゃんと検索結果に沿った内容の記事を表示してもらわないとサイトの評価が下がるのでは?」と。

f:id:tsukutarou:20211121040428p:plain

「マナフィのタマゴ 歩数」と検索して僕の「イッシュ地方孵化歩数一覧」に辿り着いたとして、その人はおそらく「なんだよこのクソサイト!マナフィのこと書いてねーじゃん!」とブラウザバックしてしまうでしょう。

そうなるとその人にとって僕のブログのイメージが悪くなるだけでなく、その記事の直帰率が高くなることでGoogleに「こいつのブログダメなんじゃね?」と思われてしまいGoogleからの評価が下がってしまう可能性すらあるんです。

それは良くないですよね。僕としてはそんなワードで上位表示させることを狙っていたわけではないので言ってしまえば一種のとばっちりです。イッシュだけに

さて、そこで僕は思いました。

「マナフィの孵化歩数の記事を自分が書いて、代わりにその記事を表示してもらえばいいんだ!」と。

f:id:tsukutarou:20210509060158p:plain

そうすれば来てくれた人も知りたかった情報が手に入りますし、Googleからも「ユーザーの欲する情報を載せている記事だ!」と評価されるといいなというわけです。

まあ書いたところで都合よく検索上位に表示されるとは限りませんが、Googleも同じサイトの記事をいくつもいくつも一つの検索結果に出したりはしないので、「表示されるとしたらこの(検索結果に即した)記事になる」というようにできるわけです。(それでもイッシュ地方の孵化歩数一覧が出てきたら知りません。その時は「マナフィはイッシュポケモン」として認定しましょう。やったね!)
www.tsukutarou.net

マナフィのタマゴの孵化歩数

ということで前置きが非常に長くなりましたが、「マナフィの孵化歩数」について書きたいと思います。

いちおう第4世代とダイパリメイクとで若干異なるので両方書いておきます。

第4世代でのマナフィのタマゴの孵化歩数は、2805歩です。

また、BDSP(ダイパリメイク)でのマナフィのタマゴの孵化に必要な歩数は2560歩です。

厳密には「きっかりこの歩数」というわけではないのですが、タマゴを手持ちに入れてから一度もボックスにタマゴを預けることなく歩き続ければこの歩数で孵ります。

この理由については以下の記事のコメント欄で説明しているので、興味がある方はそちらも読んでみてください。コメント欄ですよ!
www.tsukutarou.net

フィオネの孵化歩数

ダイパリメイクでも「マナフィ×メタモン」もしくは「フィオネ×メタモン」でタマゴを作ることによってフィオネのタマゴを作ることができます。

幻のポケモンのくせに無限に量産ができるフィオネさんって一体…というのは置いといて、フィオネの孵化歩数は10240歩です。

なんでマナフィよりはるかに多いんですかね・・・
www.tsukutarou.net

ちなみにフィオネの色違い厳選では「ひかるおまもり」が使えます。今作では孵化にしかひかおまが効かないので、こういうところで使っていきたいですね。
www.tsukutarou.net
www.tsukutarou.net

BDSPではマナフィの色違いは出ないぞ!

一応書いておきますが。ダイパリメイクではマナフィの色違いは出ません。(フィオネは出ます。)

マナフィの色違いが欲しければ、第4世代で粘りましょう。

詳しくは以下の記事をどうぞ。(丸投げ)
www.tsukutarou.net

他のポケモンの孵化歩数

今回の記事で他のポケモンの孵化歩数を知りたいと思われた方は、以下の記事を見てください。
www.tsukutarou.net

ちなみにこの記事にマナフィの歩数も載ってるんですよね…

なんでそっちを上位に出さなかったんだろうか…

おわりに

さて、今回は「マナフィのタマゴの孵化歩数」についての記事でした。ほんとうに?

BDSPの発売によりマナフィが注目を浴びているのは良いことですね。

僕はマナフィの自力色厳選をブログなどで積極的に勧めている立場ですので、この機会に色厳選を始める方が増えてくれたりしないかなあなんて考えています。
www.tsukutarou.net

決して沼に引きずり込んでいるわけではないですよ。自力で光らせた色マナフィの尊さを皆さんにも知ってほしいと考えているのです(笑)

布教はさておき、今回の記事はこの辺にしておきたいと思います。

ダイパリメイクに関わらず、これからもポケモンについての記事を積極的に書いていきます!また読んでくださると嬉しいです!

ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

2021/11/21 つくたろう


大学生ランキング