つくたろうのブログ

ラブライブ!やポケモンなどが好きな大学生、つくたろうの気ままな雑記帳です。好きな物などのレビューもしていきます。

色違いダークライへの道! 〜1日目〜

こんにちは、つくたろうです。

免許合宿に行っていたため、前回の投稿からしばらく空いてしまいました…(苦笑)

今回は色違いポケモン収集企画の記事の、栄えある第1回として、「色違いダークライを粘る企画」を行い、その様子を記事に纏めたいと思います!

環境説明

・使用ソフトは「ダイヤモンド」

・粘るのはなみのりバグで行ける「しんげつじま」のダークライ

・固定シンボルリセットを繰り返して色ダークライを粘る

ひと昔前に、「初期ロットのポケモンダイヤモンド・パールにおいて四天王の扉の前でなみのりをすることで『なぞのばしょ』にいける」というバグ技が流行りましたよね。

そのなぞのばしょからある手順を踏むことで到達できる「しんげつじま」にいるダークライを捕まえることができる、と大きな話題を呼びました。

今回中古で買った「ダイヤモンド」が運よく初期ロットのものだったので、なぞのばしょからしんげつじまに行き、無事ダークライに出会うことができました!

(自分の手持ちのアルセウスも、2017年に発見されたバグ技で捕まえた、なぞのばしょ産のアルセウスです(笑))

このダークライの前でセーブし、色違いが出るまでリセットを繰り返したいと思います。

個体値は気にしない、捕獲は色違いが出た時点でマスターボールを使う

色違いのダークライを捕まえることが主目的なので、個体値は気にしません。また、色違いが出た時必ず捕獲できるようにストーリーでアカギから貰ったマスターボールをここで使いたいと思います。

上記のような環境で色違いダークライ粘りをやっていきたいと思います。

色違いが出る回数の理論値

ポケモンの第4世代のソフト(ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールドソウルシルバー)では、通常エンカウントで色違いポケモンの出る確率は「8192分の1」と言われています。

つまり、理論上は8192回リセットを繰り返す間に色違いのダークライが出るというわけです。

しかし、これは確率の話でしかありません。

10回ぐらいで出ることもあれば、10000回やっても色違いが出ないこともあるのです。

今回の企画では、リセットの回数をしっかりと記録し、プレイした日はその都度記事にしていきたいと思います。

ちなみに今日は、ポケモンリーグに到達した時間も遅かったため試行回数は15回でした。

もちろん15回ではまだまだ出ませんね…(苦笑)

何日で、そして何回で出るのか、楽しみですね!

またこの企画以外でも、自分のポケモンのソフトで色違いポケモンを捕まえたら、それもその都度紹介していきたいと思います!

1日目の試行回数:15回

これまでの試行回数:15回

2018/09/09 つくたろう