つくたろうのブログ

ポケモン色違い厳選や国立大学巡りが好きな大学生、つくたろうの気ままな雑記帳です。

読まれている記事

【ポケモン剣盾】ダイマックスアドベンチャーの放置勢対策を考える。

www.tsukutarou.net

こんにちは、つくたろうです。

今回は珍しく、ポケモン剣盾の「ダイマックスアドベンチャー」についての記事を書いていきます。

【ポケモン剣盾】エキスパンションパスをお得に買う方法! - つくたろうのブログ

はじめに

今回の記事は、先述の通り「ダイマックスアドベンチャー」についての記事を書いていきたいと思います。

僕はそもそも普段は剣盾はほとんど遊ばないんですが、あまりにもジラーチ厳選に疲れたので気分転換に最近またやっています。

特に最近やっているのが「ダイマックスアドベンチャー」なんですが、なんとなく「剣盾でしか粘れないポケモンの色厳選でもやってみようか」と思いやっている次第です。

剣盾でしか色粘りができないポケモン、つまりルナアーラやソルガレオ、ジガルデなどですね。
www.tsukutarou.net

色違いを手に入れるためにどうせ避けては通れない道なら別に今やっててもいいだろうと思ってダイアドを回しています。

ただこのダイマックスアドベンチャー、非常にストレスフル。

シンプルにシステムとかUIが残念過ぎるし、バグが放置されっぱなしだし、任天堂がお金稼ぎしたいのが見え見えだし、と不満点を挙げればキリがありません。

しかし、実際にやっていて最もイライラするのが「放置勢の存在」だと思います。

今回は、その「放置勢」についての記事を書いていきます。

そもそも放置勢とは

ダイマックスアドベンチャーの野良マルチにいる、「自分でのプレーを放棄して他人任せでクリアする人のこと」です。

マルチだと選択肢を選ぶ際に毎回必ず時間制限があるため、一切ボタンを押さなくても(負けなければ)ボスの伝説ポケモンを倒して捕まえるか否かを選ぶ状態まで勝手に進んでいくんですよね。

ちなみに放置勢は特に外国人に多いと聞きます。

海外の攻略サイトには「日本人は最後まで進めてくれるから日本人とマッチングしたら放置安定だZE☆」みたいなことが書かれているとかいないとか。

他の参加者も伝説ポケモンが欲しいので、放置してるやつがいても我慢して最後までクリアしようとするために成立してしまうんですね。

常日頃から効率を上げることを念頭において色厳選に取り組んでいる僕は、この「我慢して最後まで進める」のがあまりにも非効率的だと思ったため、今回「放置勢」に対してどう向き合っていくべきかを自分なりに考察しました。

放置勢に対する対策

さて、ここからは具体的な放置勢対策を考えていきましょう。

ちなみに「ソロでやれ」とか「野良じゃないマルチやれ」とか「Switch4台買え」といった「そもそも野良マルチをやらない」という方向の指摘はナシでお願いします。

ソロは任天堂のお金稼ぎのためにNPCがポンコツにされていてまともに出来ないし、野良でないマルチはいつでも好きな時に出来ませんからね。

Switch4台については普通にそんなにSwitch要らないのでナシです。

あくまでも「野良マルチの放置勢対策」を考えていきます。

放置勢対策①:回線切断

まず一番手っ取り早いものとして考えられるのは「自分の通信回線を切ってしまう」という方法ですね。

自分自身をオフライン状態にしてしまうことで、放置勢と一緒のマルチプレイから脱却するというものです。

スイッチのホーム画面に一度戻って、機内モードをオンオフすることで簡単に通信を切断できます。

有線LANの方はUSBを一回抜いてしまうのもいいですね。

野良マルチは、通信を切断することでソロプレイに移行します。

要は一緒に戦っていた3人がすべてNPCに置き換わるということですね。

もうこうなれば後は自由です。NPCと一緒にクリアを目指すもよし、NPCに攻撃してさっさと終わらせるもよし。

個人的にオススメなのは、「機内モード切断でNPCに切り替えたら、そのタイミングから放置してみるという方法です。

マルチから回線切断してNPCとのマルチになっても、普通のソロモードと違い選択肢入力には制限時間が適用されたままとなります。

そのため、NPC相手に放置プレーをすることが可能です。

この場合の放置は自分だけが参加しているゲームをただ操作していないだけなので、全く問題ありません。

f:id:tsukutarou:20210927024541p:plain

この場合当たり前ですがゲームを進めるのはNPCとなるのでボスの伝説ポケモンを倒せる確率はそれほど高くはありませんが、うまくいけば全く操作しなくても伝説ポケモン捕獲画面までたどり着くことが可能です。

正直自分が最後まで進めたところでNPCの行動は制御できない(=自分で進めても大して変わらない)ので、いっそのこと放置してしまってもいいのかなと思います。

この「NPCについて放置」を行えば、自分が操作することなく伝説のポケモンを手に入れることができる可能性があるのでオススメというわけです。

放置勢を待ってイライラしているよりも、さっさと回線を切ってあとはNPCに任せてみてもいいのではないでしょうか。

お風呂でも入ってさっぱりして戻ってきたらNPCが勝手にボスを倒してくれているなんてこともあるかもしれませんね。

放置勢対策②:ゲームを終了(リセット)

これは先の回線切断と少し似ていますが、「放置勢を発見したらもうゲームをリセット、つまり一回終了してしまう」という方法ですね。

シンプルかつ強力な方法です。

「放置勢がいたらやり直し」とする習慣をつけて、「そもそも放置勢とは回らないよ」というスタンスを貫くことでストレスなく快適にゲームを進めていくことができます。

ただし一つ気を付けなければならないこととしては、3回以上連続でダイアド中にリセットするとペナルティを課されるということです。

ペナルティではマックス鉱石を取られます。

対戦をやらない自分からすればマックス鉱石なんて余りまくって常に999個なので痛くも痒くもないんですが、常に鉱石が底をついていてペナルティの支払いすら厳しい方も中にはいらっしゃると思います。

そういったカツカツな方が頻繁にリセットをしていてはもたないので、リセットはマックス鉱石と相談ということになりますね。

2回連続までならペナルティは発生しない(リセット2回ごとに通常終了を挟めばよい)ので、先ほどの「回線切断」とうまく使い分けていくのもいいかもしれません。

また、いくら石が余っているからって選択肢を選ぶのが遅いことに神経質になって毎回リセットしていると、普通にゲームが進まないのでそこも注意が必要ですね。

放置勢対策③:放置勢を攻撃して終わらせる

放置している人がいたら、そいつを攻撃して「4回瀕死」に持っていき、ゲームを終了させてしまうという方法です。

かなり暴力的ですが、ゲームを正常終了させるのでペナルティもなく、かつ終了後に放置していた相手を「お断りリスト」に入れられるというメリットがあります。

しかしこの方法は、正直あまりお勧めできません。

f:id:tsukutarou:20210506060028p:plain

「放置勢も承知で最後まで進めたい」という人がパーティにいた場合に、その人に対して妨害行為をしていることになってしまうからです。

道中のルート確認をしたい人や一般ポケモンの色違いも集めていてなるべく深いところまで進めたいという人など、「最後まで進めたい」という方は意外にも少なくないと思います。

また、「ながら作業でやっているので放置勢はいてもそれほど気にならない」という方もたくさんいらっしゃいます。

そういう人たちにとっては、放置勢よりも「味方攻撃マン」のほうがよっぽど害悪プレーヤーです。間違いなくそっちがブラックリスト行きだと思います。

迷惑行為に対する解決策を模索しているのに、あなたが迷惑行為をする人になってしまっては元も子もありません。

よっぽどのことがない限りは、味方攻撃はやめておいたほうが賢明かもしれませんね。

放置勢対策④:放置には放置で対抗

これはぶっちゃけ最終手段です。

「放置している奴がいたら自分が操作する意味がなくなるので、自分も放置してしまう」という荒業ですね。

僕も過去に、自分以外の3人が全員放置マンだった時にこれをやったことがあります。(もちろん普通に負けましたが)

これもあまりオススメはできませんが、理論上は放置している人が一人でも二人でも制限時間は変わらないので、すでに放置している人がいる状況下で自分が放置したところでほかのプレーヤーの待たされる時間は一緒というわけです。

これはまあ賛否両論あると思いますが、メリットとデメリットを紹介しておきます。

まずメリットですが、「放置なんかしてるやつのために自分が進めてあげなくても良くなる」という点ですね。

やはり放置している人のためにわざわざ進めるのは癪ですし、そもそも放置が混ざる時点で真面目にやったところでクリアできる確率は下がりますからね。

また、たまにいる「ボス戦だけ復帰してくる放置勢」の対策になりえるというのもメリットの一つです。

いるんですよ。道中ずっと放置してるくせに、ボス戦だけ戻ってくる「ネオ放置マン」

ダイアドって道中が一番面倒じゃないですか。そこの部分をすべてスキップしておきながら、ボス戦だけちゃんとやって「クリアに貢献しましたよ」みたいな顔する人が一番腹立つんですよね。なんならずっと放置してくれてたほうがまだ清々しくてポイント高いです(高いといってもマイナス100点に対するマイナス80点ですが)

「放置には放置で対抗」という対策は、この「ネオ放置マン」が動き出すボス戦で放置することになるので、ネオ放置マンにささやかな仕返しをすることが可能となるということですね。

ちなみにデメリットとしては、「放置だと思っていた人が『ただ判断が遅いだけの人』だった場合」に自分が放置マンになってしまうという点ですね。

放置対策のはずが自分が放置マンになってしまうという、「ミイラ取りがミイラになる」現状が発生するわけです。それなんてデスカーン

これを回避するポイントとしては、2番目のポケモンらへんまで一切操作をしていないプレイヤーがいたら自分も放置するとちょうどいいと思います。

最初のポケモンらへんでは、まだ「放置」なのか「ただ迷っているだけ」なのか判断に迷いますからね。

まぁとはいえ、はじめに言った通りあまりオススメできる手法ではありませんし、はじめは「放置がいるから自分も放置しているんだ」という建前があったはずが放置の手軽さに取り憑かれて自身も放置勢になり果ててしまうかも…

放置勢のために進めるのが嫌で自分も放置したいなら機内モードで全員NPCにしてから放置する」とかのほうが無難かなと思います。

まとめ

さて、いままで長々と「放置勢に対してどうするか」を考えてきました。

僕個人としてはやはり「機内モードでNPCにしてから放置」がオススメで、実際に放置勢に出くわした際に僕が使っている対策手法の一つでもあります。

皆さんはどういった対策手法を使われているのでしょうか。コメント欄などで教えていただけると嬉しいです。

ちなみに、正直言うと放置勢が消えたところでダイアドは面倒だしやりたくないといえばやりたくないのですが、とりあえずルナソルネクロやカプ達、それにジガルデの色違いを回収するまでは頑張りたいと思います。

なんといってもジガルデはめちゃくちゃ大変ですよね。これに関してはルート固定など駆使してもクリアできるかは運次第という…。

ジガルデは「ワースト色粘り」なんじゃないかとの呼び声も(僕の中で)高いですからね。沼らないでくれると嬉しいですね。

そんなダイアドですが、色違いポケモンを捕まえたら今までの色違いポケモンと同様に記事も書きたいと思っています。

過去作ネタばかりのこのブログに剣盾層も呼び込もうという目論見がバレバレではありますが、これからも読んでいただけると嬉しいです!

ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

2021/09/26 つくたろう

www.tsukutarou.net


大学生ランキング