つくたろうのブログ

ポケモン色違い厳選や国立大学巡りが好きな大学生、つくたろうの気ままな雑記帳です。

読まれている記事

【ポケモンORAS】最も効率よく色違いのアンノーンをゲットする方法!【僕もゲットしました】

www.tsukutarou.net

こんにちは、つくたろうです。

ついにダイパリメイクが発表されて、世間ではポケモンに対する反響が収集つかなくなってますね。

ダイパリメイクがあろうとなかろうと旧作で色粘りをし続ける私つくたろうですが、昨日色違いダークライを出した後、2ロムでセレビィを粘る環境を整えるついでに実はアンノーンの色粘りをしていました。

今回は「アンノーンの色違いを最も効率よく捕まえる方法」とともに、実際に僕が捕まえた色違いのアンノーンを紹介したいと思います。

捕まえた色違いダークライについてはこちら↓!
www.tsukutarou.net

なぜ今、アンノーンなのか

なぜ幻のポケモンの色粘りばっかりしている僕が今アンノーンなのかというと、アンノーンも幻のポケモンと同様、ムーバーが廃止されたときに、USUMに色違いを連れてこれないポケモンなのでは?と気付いたからなんです。

たしかアンノーンって、僕の記憶ではSM・USUMでは出現しないポケモンだったような気がするんですよ。(記憶違いならすいません!)

USUMで出てこないということは、ムーバーが止まるとアンノーンはアローラに来れないことになりますよね。

USUMに色違いポケモンを集結させたい僕としては、それは非常に困ることなんです。

なので、今のうちに粘ってしまおうと思って幻のポケモンの合間にアンノーンを挟んだわけです。

www.tsukutarou.net

最も効率よくアンノーンの色違い厳選をするには?

アンノーンは、オメガルビー ・アルファサファイアの「マボロシ洞窟」で色粘りをするのが現在一番効率がいい色厳選手法となっています。

というのも、アンノーンは

・国際孵化出来ない
・ダイパプラチナで出るが、ポケトレは使えない
・HGSSには確率を上げる手段がない
・XY/SM/USUMではそもそも出ない

ことに加え、ORASのマボロシ洞窟ではサーチが使えるというのも大きいですね。

また、アンノーンの出るマボロシ洞窟ではアンノーンしか出ないため、自然遭遇し続けるだけでサーチレベルが簡単に上がることもORASで簡単に色粘りできる要因の一つです。

ORASのサーチ/サーチレベルの仕組みについては調べればおそらく分かると思うので簡単な説明に留めますが、出会った数=サーチレベルで、サーチレベルが上がると「サーチ」で遭遇したときの色違いになる確率が上がるという仕組みです。

アンノーンについては洞窟サーチ(かなり大変)になるので、サーチレベル600ぐらいまではひたすら自然遭遇でサーチレベルを上げ、600〜からはサーチで粘るというやり方が最も効率よくアンノーンの色厳選ができるのではないかなと思います。

ちなみにこれは「ひかるおまもり」を取得している前提での方法です。

ひかるおまもりがないとそもそも始まらないので、必ず取得しておきましょう。
www.tsukutarou.net

マボロシの場所のリセマラの方法について

さて、マボロシの場所については本来なら日替わりなんですが、「すれ違った人のマボロシの場所にも行くことができる」ことを利用して任意のマボロシの場所が出るまでリセマラすることが可能です。

やり方としては、以下のようになります:

手順1.「設定」で「通信時にレポートを書かない」ようにする
手順2. レポートを書く
手順3. PSSの右上の丸いボタンを押してインターネットにつなぎ、テレビナビを見る
手順4. 「むげんのふえ」で飛び、マボロシの場所を確認する。目的の場所が出ていなければ「L」+「R」+「start」でタイトルに戻り、再度手順3手順4を行う

上記の手順で狙ったマボロシの場所を出すことができますが、「3DS本体の日付や時間、または本体そのものを変更してから最大48時間はこのリセマラができない」という点は注意点として覚えておきましょう。

実際にアンノーンの色違いをゲット!

さて、上記の方法で私もアンノーンの色粘りをしたところ、サーチレベル650でのサーチ30回ほどで色違いアンノーンが出現しました!

アルファベットは「I」でした。


特にボールにこだわりもないので脳死クイックボールで捕まえたんですが、意外と色が合ってる気がする。色違いのアンノーンは青なんですね。

色違いと通常色とを比較した画像は下の通りです。

↑通常色のアンノーン

↑色違いのアンノーン

結構わかりやすい色違いですね。めちゃくちゃ個人的な話なんですが、先日買ったタブレットカバーの色がこんな色でした(笑)


www.tsukutarou.net

ちなみに先ほども述べましたが、エンカウント数はサーチレベルを上げるための確率補正なしエンカウントが約650回、そこからのサーチは30回ほどなのでだいたい700回弱のエンカウントで色違いアンノーンをゲットできたことになります。

多く感じるかもしれませんが、クリスタルのストーリーを進めながらの作業だったので、特に大変ではありませんでした。

ながら作業がしやすいのも、自然遭遇粘りの良いところですよね。

ちなみにこのクリスタルは、セレビィを2ロムで粘るため追加で買ったVCクリスタルです。

これでクリスタルも2ロム体制が整ったので、セレビィの色違いをガンガン粘っていきたいと思います。

セレビィに限らず、色違いが出たらまた記事にしたいと思います!これからも読んでいただけると嬉しいです! www.tsukutarou.net

ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

2021/02/27 つくたろう


大学生ランキング

www.tsukutarou.net